オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
お金

中古マンションを商品として取り扱っている業者の中心は、不動産業者です。
したがって、投資物件として中古マンションの取得を考えている場合は、不動産業者に問い合わせるのが常道と言えます。
ただ、一口に不動産業者と言っても、投資物件としての中古マンションを専門に取り扱う業者から通常の賃貸や売買、管理の中で、これらの物件の取引を扱う業者まで様々です。
さらに最近は、高経年マンションを一度買い取り、これをリノベーションして付加価値を高めた上で、取引物件として転売するような業者も現れてきています。
利用者の側でも、それぞれ目的が異なるでしょうから、目的に応じて得意分野を持つ業者さんを選択するようにすると良いでしょう。

良い物件選びのポイント

投資物件として、中古マンションを購入しようとする場合、つい目先の利回りに目がくらんでしまうことが多いものです、しかし、マンションは頑丈なコンクリートでできていますので、手入れが行き届いたマンションであれば、その分長くリターンを得ることができますので、お得ということになります。
したがって、特に中古物件であるならば、管理の行き届いたマンションを選ぶというのが一つのポイントになってきます。
それでは、どんな物件が管理の行き届いた物件なのかと言うと、それは、マンションの修繕履歴を調査することで確認することができます。
適宜適切な修繕が行われていれば、それだけ寿命を先に延ばすことができます。
また、その修繕工事を担保するための修繕積立金がマンション管理組合にたくさん蓄えられているかを確認することも重要なポイントと言えます。